散骨は海や山に撒きます【遺族に負担をかけたくないという人に】

スーツの人と棺

葬儀の変化

散骨の場合は海や山などに撒くのが人気となっており、亡くなる前の故人の意向である場合も多くなっています。 現在は全ての遺骨を散骨してお墓を持たない人も増えています。その背景には核家族化や少子高齢化なども影響しており、亡くなったあとにお墓を守る人がいなかったり、子供に負担をかけたくないと考える人も多くいます。 また、終活ブームもあり最期まで自分の意志で物事を決めている人も多く、葬儀や供養先も生前に予約していたり、エンディングノートを作成することが流行しており、終活セミナーなども各地で開催されています。開催場所の情報などは、インターネットで集めることも出来ます。

現在では葬儀社などでも樹木葬や散骨を扱っているところが多くあり、希望すれば誰でも行うことができます。 散骨に関しては自分で希望の地に行って撒くこともできますが、散骨の前には必ず粉骨をしなくてはいけません。粉骨せずに散骨するのは違法になるため注意が必要です。 現在では粉骨だけを行う業者もありますし、葬儀社などでは粉骨と散骨がセットになっている場合がほとんどです。業者に依頼する場合は、全てのサービスを業者に依頼する方法と、希望の場所まで同行して散骨する方法があります。費用に関しては業者や目的地によって異なる場合が多いですが、海で沖に出る場合はボート代などが別途かかることがあるので、いくつかの業者を比較する方が良いかと思われます。