散骨は海や山に撒きます【遺族に負担をかけたくないという人に】

棺と人

ピックアップ

専門業者の存在

少子高齢化と都市への人口集中が進んでいる現代においては、地方の実家に老親を残して、子供世帯は遠く離れた都市部で生活基盤を築いているといった家庭も少なくありません。

More...

散骨を行う

法要やお盆など、日本では古くから亡くなった方を節目毎に思いだすという文化が浸透しています。一昔前は亡くなった大切な人を思いながら、お墓をきれいに掃除したり、みんなで集まり昔話に花を咲かせるというのが一般的でした。

More...

葬儀の変化

現在では亡くなった後の葬儀や供養の仕方も形式にこだわらず多様化しており、樹木葬や散骨など様々な方法を選ぶ人も増えています。散骨を行うかは、家族など遺族内での相談が必要です。

More...

片付けることは大切

葬儀には様々な形式があります。故人の趣味や趣向、信仰していた宗教など色んなケースに合わせて納得できるプランを選びましょう。多摩川周辺の葬儀業者では密葬を利用する依頼が年々増加してきています。

More...

お墓を継ぐ人がいない

永代供養で安心して見守る

近年、自分が亡くなった時の事や受け継ぐ子供たちの事などを考えて永代供養を選択される人が増えてきています。少子化で子供の数が少なくなったのも考える要因ですし、子供を儲けない夫婦や結婚をしない人の増加も要因になりました。お墓を受け継ぐ人がいない場合や何れいなくなると考えられる家などは永代供養が安心です。 永代供養のメリットは、掃除やお墓荒らしなどの心配がなく、いつでも綺麗な状態で管理される事やお参りも建物の中ですので天候に関係なくお参り出来ます。お墓を建てる費用に比べると安くて済む事もメリットです。代々守っていく遺族などの事を考えると永代供養は負担が少なくて良い方法です。お墓の事で迷われている人は、考えて見られる事も良いと思われます。

供養の仕方を考えてみよう

お墓を建てて見守るスタイルが一般的でしたが、近年色々な要因から永代供養も見直されるようになりました。見守る遺族の負担を考えられたり遺族が途絶える事も考えるとお墓よりは永代供養でお願いする方法を捉える人も増えてきています。永代供養の費用などは、様々でネットで検索されますと詳しく掲載してありますので参考にされてください。希望の地域の永代供養していただけるところに問い合わせしてみると良いです。 ネット検索で「永代供養」と地域を入力されますと出てきますし、情報誌などで調べられて問い合わせしてみる事も良いです。ご家族と話し合われて良い対策を取られると今後の家族の生活の負担にも関係してきますので検討されて見直される事は良いです。

オススメリンク